ガラス交換前に飛び散ったガラスを掃除~怪我をせずに掃除をする方法~

早めにガラス交換をしておきたい理由と業者のサービス内容

亀裂が入った窓ガラスが割れてしまった~掃除と処分の仕方~

割れてしまったガラスをガラス交換する前に、まずは掃除と破片の処分をする必要があります。掃除や破片の処分方法を間違えてしまうと、怪我してしまう恐れがあるので注意しましょう。ここで安全な掃除のやり方と処分方法を紹介します。

掃除のやり方

ガラスの破片を集める

ガラスの破片を集める際は、スリッパを履き、手袋や軍手を付けるようにしましょう。裸足や素手のままで拾ってしまうと、怪我をする可能性があるので気をつけたほうが良いです。また、割れたガラスの破片は、新聞紙に包んでまとめると安全です。

掃除機をかける

大きい破片を片付けたら、小さい破片を片付けるために掃除機をかけます。ヘッドの部分を付けたままだと、破片が絡まってしまうので、ヘッドを外して吸い込んだほうが良いです。3メートルくらいの範囲に飛び散っている時もあるので、幅広い範囲を掃除しましょう。

見えない破片を集める

ガムテープを使えば、小さい破片がくっつくのがわかります。濡らした新聞紙は、細かくちぎって、床に撒くことで小さい破片が新聞紙にくっつきます。そのまま新聞紙ごと集めることで、見えない破片も集められます。最後に雑巾で拭き取れば、掃除完了となります。

子供部屋の割れた窓ガラスの処分方法

手袋とゴーグルを付けて、スリッパを履く

ガラスの飛散を防ぐためにガラスにガムテープを貼る、または新聞紙やブルーシートで包む

包んだガラスを金槌やトンカチなどで割る

しっかりと割ることができたら、ダンボールや新聞紙に包んで、「割れもの」と書いて指定されたゴミの日に出す

ガラスの破片が大きければ施設に持っていく

割れたガラス

ゴミとして出したいけど、ガラスの破片が大きくて割れないという場合は、施設に持っていくと良いでしょう。自治体に問い合わせたり、ホームページを調べたりすることで、持ち込める処理施設を見つけられます。自治体によって、承継時間や大きさ、料金などは異なるのでしっかり確認しておいたほうが良いです。 ガラス割れは、頻繁に起こることではありませんが、万が一起こった時のために正しい片付け方を知っておくと安心です。

TOPボタン