保険請求の流れを知って安心!ガラス交換に関する保険について

早めにガラス交換をしておきたい理由と業者のサービス内容

亀裂の入った窓ガラスを子供が割ってしまった時は保険が適用される

子供が原因で、窓ガラスに亀裂が入った場合は、保険が適用されるケースが多いです。ここで保険が適用される範囲や保険請求の流れを確認しておきましょう。

どうしよう…子供が間違えて割ってしまった

補償されるべき事故として認められています(保険会社)

小さな子供がいる家庭では、「子供がおもちゃを投げて窓ガラスが割れた」「窓ガラスにぶつかって割れた」など色々な事故が起こります。子供が起こしたガラスの破損は、過失とならずに、補償されるべき事故として認められるケースが多いです。ですから子供が間違えてガラスを割ってしまった場合は、保険申請をして、ガラス交換をしたほうが良いです。

保険請求するには

割ってしまった窓ガラスの証拠を残す

保険請求するためには、割れた窓ガラスの証拠を残すことが大切です。写真を撮影することで、画像としてしっかり写真を残すことができるので、効果的です。写真を撮影する際は、被害状況がしっかり確認できるように、被害を受けたガラスや窓全体を撮影したり、損傷箇所が確認できるように撮影したりすることが大切です。

保険会社に連絡する

賃貸の場合は大家さんや管理会社に、一戸建ての場合は加入している保険会社に連絡します。保険会社に連絡をすると、手続方法や現状の調査報告の日取りなどを説明してもらえます。窓ガラスのような防犯性に大きく影響する場所の場合は、現場を先に修復することが認められていますが、電話の時に先にガラス交換をして良いかどうか確認しておくと安心です。

TOPボタン