子供部屋に適しているものでガラス交換~バリエーション豊富なガラス~

早めにガラス交換をしておきたい理由と業者のサービス内容

窓ガラスの種類について知ろう~亀裂の入りにくいものを見つける~

いろんなガラスや窓

子供部屋の窓ガラス交換を行なうなら、亀裂が入りにくいガラスを選んだほうが良いです。ガラスには、衝撃に強いものや割れても飛散しにくいものなど色々あります。ここではガラスの種類について紹介します。

一般的なガラスの特徴

フロートガラス
フローガラスとは、一般的な平板のガラスのことを言います。透明ガラスと呼ばれることもあります。歪みがなく、透視性や採光性に優れているのが特徴です。値段が安く、窓ガラスや家具のガラスなどさまざまなシーンで使うことができるので便利です。
網入りガラス
網入りガラスとは、名前の通り網が入っているガラスのことで、割れても飛び散らないようになっています。防犯性能が高いと勘違いしている方も多いですが、防犯性能は期待できません。しかし、炎に強いという特徴があり、火災による延焼や類焼を防ぐことができます。
型板ガラス
型板ガラスとは、ガラスの表面に型模様をつけた不透明のガラスのことを指します。光を通しながら、視線を遮ることができるので、浴室や洗面、トイレなどの場所で使用されます。

機能性の高いガラス

亀裂が入りにくい種類
亀裂が入りにくいガラスを探しているなら、強化ガラスを選ぶと言いでしょう。強化ガラスは、一般的なガラスと比べて、耐風圧強度があります。熱に強く、割れても破片は顆粒状になるので、大怪我を防ぐことが可能です。
遮熱タイプのガラス
遮熱タイプのガラスは、ガラスの間に乾燥した空気を入れて、室外側のガラスにLow-Eガラスを使用したものです。夏場は、日射しを遮ることができ、冬場は室内の暖房熱を逃がさないという効果があります。
子供部屋を泥棒などから守るガラス
子供部屋に適しているガラスが、合わせガラスです。合わせガラスとは、2枚以上のフロート板ガラスの間に、頑丈なフィルムの中間膜を挟んで加熱、圧着させたガラスです。中間膜があることで、突き破るのに時間がかかるため、泥棒から子供を守ることもできます。
TOPボタン